ヤマハサウンドシステム株式会社

AFC4

AFC4

音場支援システム『AFC』とは

音場支援システムAFC(Active Field Control)は、それぞれの建築物が有する、その空間固有の音響特性を活かし、音の響きを豊かにできるソリューションです。音源自体に人工的なリバーブを付加して異なる音の印象を作り出す手法とは異なり、楽器や歌声の自然な 聴こえ方を保ちながら、その空間に拡がる音の残響感や音量感をコ ントロールし、用途に適した音響空間を提供します。

※ ヤマハサウンドシステム株式会社はAFC認定インストーラーです

愛知県芸術劇場 小ホール愛知県芸術劇場 小ホール

愛知県芸術劇場 小ホール

納入年:2017年

客席数 標準282席(最大330席)

インタビューはこちら


東京国際フォーラム ホールA東京国際フォーラム ホールA

東京国際フォーラム ホールA

納入年:2017年

客席数:5012席


町田市民ホール町田市民ホール

町田市民ホール

納入年:2015年

客席数:862席


成田市文化芸術センター
スカイタウンホール 成田市文化芸術センター
スカイタウンホール

成田市文化芸術センター
スカイタウンホール

納入年:2015年

客席数:300席


郡山市立中央公民館郡山市立中央公民館

郡山市立中央公民館

納入年:2015年

客席数:500席


高松国分寺ホール高松国分寺ホール

高松国分寺ホール

納入年:2013年

客席数:459席


ふるさと新座館ホールふるさと新座館ホール

ふるさと新座館ホール

納入年:2012年

客席数:240席


東京大学伊藤国際学術研究センター
伊藤謝恩ホール東京大学伊藤国際学術研究センター
伊藤謝恩ホール

東京大学
伊藤国際学術研究センター
伊藤謝恩ホール

納入年:2012年

客席数:489席


銀座ヤマハビル ヤマハホール銀座ヤマハビル ヤマハホール

銀座ヤマハビル ヤマハホール

納入年:2010年

客席数:333席


銀座ヤマハビル 1Fポータル銀座ヤマハビル 1Fポータル

銀座ヤマハビル 1Fポータル

納入年:2010年

客席数: ―


アクトシティ浜松アクトシティ浜松

アクトシティ浜松

納入年:1994年

客席数:2336席


お聴きください

RT:残響時間(秒)

● 弦楽四重奏(Simulate)

OFF [ RT:0.9秒 ]

ON [ RT:1.8秒 ]

システムブロックのイメージ図

機器構成例

No 名  称 数量 備  考
1 集音マイク 1式
(4)
広帯域でフラットな周波数特性を持つマイクロホンを舞台近くの天井面に取付けます。
2 システムラック
・AFCプロセッサー
・HA付ADコンバーター
・LANスイッチ
・パワーアンプ(4ch)
・コントロールパネル
・収納ラック
1式
(1)
(1)
(1)
(6)
(1)
(2)
集音マイクからの信号はHA付ADコンバーターでデジタル信号に変換、AFCプロセッサーで出力系統ごとに演算処理され、パワーアンプからスピーカーに送られます。
3 音場支援スピーカー
・舞台用スピーカー
・客席用スピーカー

(4)
(18)
会場内を均一な音場となるように、天井面や壁面にスピーカーを配置します。
4 舞台袖コントローラー 1式 設定パターンの切替え、響きの量の可変を舞台近くで操作できます。

マイクロホンとスピーカーの構成例

都道府県 施工物件名 客席数 地図

※このページはAFCのみ抽出

【 施設情報募集 】~ホール・劇場、スタジアム・アリーナの皆さまへ~ イベント制作会社や乗り込みの技術スタッフの皆さまに向けた施設情報を募集!

テストドライブ実施中 音診断・音改修サービス

リースのご案内

採用情報

10周年

facebook

ヤマハ プロオーディオ

Copyright © ヤマハサウンドシステム株式会社 All rights reserved.