ヤマハサウンドシステム株式会社

定期保守点検のご案内

定期保守点検のご案内

施設の音響設備は催しもののライフラインです。本番中や本番直前に不具合や故障が発生すると催しものを延期、中止をせねばならない大きな問題に発展することが考えられます。
私たちは、音響設備のプロ集団として、安全運用の環境を整え、長期にわたり、安心して運用をいただくため、「定期保守点検」のご契約をおすすめしています。

定期保守点検
定期保守点検

なぜ保守契約は、必要なのでしょうか…

定期保守点検は「音響機器の正常な状態を保ち続けるための定期的な点検」です。では、具体的なメリットは下のとおりです。

◎ 定期保守点検のメリット

1)音響設備を定期診断し、不具合や故障を早期発見、運用事故を未然に防ぎます

2)コネクター等の清掃を行うことで、接触不良などの不具合を未然に防ぎます

3)機器清掃を行うことで、機器を長くご利用になれます

4)万が一のトラブル発生時に緊急対応を受けられます!

では、定期保守点検をしていなかった場合にどのようなことが考えられるのでしょう。

! もし、点検をしていなかったら…

1)不具合や故障の予兆を見逃し、本番中に予期せぬトラブルが発生する可能性があります

2)不具合や故障が原因で公演の延期や中止、想定した演出ができないといったトラブルになる可能性があります

3)故障や不具合を発生した際、復旧できない、または、復旧に時間がかかることがあります

4)故障や不具合の復旧のための調査や作業に都度費用がかかります

5)故障や不具合が原因で公演中止になった場合、主催者より損害賠償請求をされる場合があります

「定期保守点検」で、音響設備をベストな状態を維持、不具合や故障を未然に防ぎ、安全運用を可能とします。

点検項目とその内容

● 動作点検

・音響調整卓、プロセッサー、パワーアンプの動作確認
・録音再生、効果機器の動作確認
・スピーカー鳴動確認
・インターカム、諸室モニターなど連絡設備の動作確認
・固定スピーカー・吊マイク装置など、取り付け状況確認
・ラック内機器の固定および電源端子などネジ類の弛みの確認
・マイク回線、スピーカー回線の確認
・無停電電源装置などの内部バッテリー電圧の確認
・機器の清掃(冷却ファン・フィルターなど)
・消耗品(リレー、電池等)の確認

● 精密点検

・音響調整卓(入出力ボックス含む)、パワーアンプなど、主要機器の電気特性測定

・音響調整卓入力~パワーアンプ出力オーバーオールの電気特性測定

電気特性測定:周波数特性、全高調波歪率、S/N比

定期保守点検

● ネットワーク機器点検 NEW

・ネットワーク機器の設定内容と通信状態を確認します。

定期保守点検
定期保守点検

・万が一のトラブルに備え、デジタル機器内の設定データをバックアップします。

定期保守点検
定期保守点検

● ネットワーク回線点検 NEW

・音響コネクター盤間のLANケーブル、光ファイバーケーブルの通信特性を測定します。

・通信不良を予防するためにコネクターを清掃します。

定期保守点検
定期保守点検

・音響コネクター盤間のLANケーブル、光ファイバーケーブルの通信特性を測定します。

・通信不良を予防するためにコネクターを清掃します。

定期保守点検
定期保守点検

● バージョン点検 NEW

・デジタル機器のファームウェアバージョンを確認し、リスト化します。最新ファームウェアをご提案し、必要に応じてアップデートサービスを行います。

定期保守点検
定期保守点検

・デジタル機器のファームウェアバージョンを確認し、リスト化します。最新ファームウェアをご提案し、必要に応じてアップデートサービスを行います。

定期保守点検
定期保守点検

● 音質点検

・空間を介したスピーカー出力を定常状態伝送周波数特性など、音質測定を行います。

定期保守点検

・空間を介したスピーカー出力を定常状態伝送周波数特性など、音質測定を行います。

定期保守点検

● オンコール対応

・お客様からのご連絡により、サービス対応します。緊急度が高い場合は、サービススタッフが現地へお伺いします。

・定期保守点検契約をご締結お客様専用のお問い合わせ窓口「カスタマーサポートセンター」を無償でご利用いただけます。

システムの内容、ご要望、点検日数などを考慮して、お客様と弊社担当者でお打ち合わせを行い、点検項目を決定します。

安心できる音響設備の運用のため、最適な保守点検内容をご提案いたします。

測定用機材

・ネットワーク配線試験用テスター

・Fluke networks「DSX-5000」
・Fluke networks「OCP-QUAD」(光ファイバー)

・音質点検用ツール

・Rational Acoustics社「SmaartV7」

・オーディオアナライザー

・Audio Precision社「APX515」

定期保守点検

お問い合わせ先

ヤマハサウンドシステム「お問い合わせ」からお願いいたします。
弊社担当より連絡をさせていただきます。

定期保守点検 ご契約内容の例

1)精密点検+動作点検(年間契約、年2回)

年2回、主要機器の電気特性測定と、機能点検を組み合わせた、安心プランです。

(点検、サービス項目)

● 精密点検 ● 動作点検 ● ネットワーク機器点検 
● ネットワーク回線点検
● バーション点検 ● 音質点検 ● オンコール

2)スポットプラン(都度契約、オンコール無)

部分的な点検、1回限りの点検プラン。オンコールは含まれません。

(点検、サービス項目)

● 精密点検 ● 動作点検 ● ネットワーク機器点検 
● ネットワーク回線点検
● バーション点検

ご契約までの流れ

【 STEP1 】

ヤマハサウンドシステム「お問い合わせ」からお申し込みください。弊社担当より連絡をさせていただきます。

【 STEP2 】

弊社担当が訪問し、施設の設備内容の確認とご要望などのお打ち合わせをいたします。後日、点検メニューをご提案、お見積りを提出します。

【 STEP3 】

定期保守点検の契約を締結します。

【 STEP4 】

点検日程の調整を行い、点検を実施します。
後日、定期保守点検報告書を提出します。

定期保守点検

お問い合わせ先

ヤマハサウンドシステム「お問い合わせ」からお願いいたします。
弊社担当より連絡をさせていただきます。

定期保守点検のご案内

「Inter BEE 2020 ONLINE」オンラインセミナーアーカイブ配信!

【施設紹介】イベント制作会社・乗り込みスタッフ向け 施設情報を随時募集中!

音診断・音改修サービス

リースのご案内

採用情報

10周年

facebook

ヤマハ プロオーディオ

Copyright © ヤマハサウンドシステム株式会社 All rights reserved.