ヤマハサウンドシステム株式会社

マトリクスコントローラーLDM1リモートキット発売!

マトリクスコントローラーLDM1リモートキット発売!

HYFAXマトリクスコントローラー「LDM1」のコンピューターから遠隔操作を可能とするマトリクスコントローラーLDM1リモートキット「SK-LDM1-Remote」を10月1日より発売します。
マトリクスコントローラーLDM1リモートキット「SK-LDM1-Remote」は、マトリクスコントローラー「LDM1」のパラメーター操作と監視を行なうアプリケーションとライセンスをセットにしたソフトウェアです。

特徴

1. マトリクスコントローラー「LDM1」をコンピューターで遠隔操作

簡単に操作できる「LDM1」の使いやすさはそのままに、舞台袖、客席で音を聴きながら遠隔操作できます。マトリクスポイントと出力チャンネルのパラメーターの操作、入力チャンネルのメーター確認が可能です。

※ インストールにはコンピューターおよびマトリクスコントローラー「LDM1」の設定が必要です。当社営業担当または当ホームページ 「お問合せ」ページ へお問い合わせください。

2.最大2台のコンピューターを接続可能

1台の「LDM1」に最大2台のコンピューターを同時接続できます。

※ 2台のコンピューターから同時遠隔操作する際は、「SK-LDM1-Remote」×2ライセンスのご購入が必要です。

3.音を聴きながら調整可能に

ワイヤレスLANアクセスポイント(別売)を利用し、客席内で音を聴きながらワイヤレスLANを搭載したコンピューターから調整が可能です。

※ マトリクスコントローラー「LDM1」をワイヤレスでコンピューター接続するには、ワイヤレスLANアクセスポイントの設置工事および設定が必要です。当社営業担当または当ホームページ 「お問合せ」ページ からお問い合わせください。

マトリクスコントローラーLDM1リモートキット「SK-LDM1-Remote」でできること

「SK-LDM1-Remote」で遠隔操作できる主なパラメーターはマトリクスクロスポイント、入力および出力チャンネルです。

・マトリクスクロスポイントの設定

出力チャンネル毎にマトリクスクロスポイントのON/OFF、LEVEL(入力レベル)、DELAY(ON/OFF、DELAY値)、インプットSoloの設定可能

マトリクスコントローラーLDM1リモートキット発売!

マトリクス(クロスポイント)画面

「マルチセレクト」ボタンをクリックすると、入力チャンネルを複数選択でき、クロスポイントのLEVELとDELAYを一括でコントロール(数値入力)可能

マトリクスコントローラーLDM1リモートキット発売!

マルチセレクト画面

・入力チャンネル

入力メーター監視が可能

マトリクスコントローラーLDM1リモートキット発売!

入力メーター画面

・出力チャンネル

出力ON/OFF、LEVEL、Solo、DELAY(ON/OFF、ディレイ値)、EQ(ON/OFF、パラメーター)の設定、およびメーター監視可能

マトリクスコントローラーLDM1リモートキット発売!

出力画面

マトリクスコントローラーLDM1リモートキット発売!

出力メーター画面

マトリクスコントローラーLDM1リモートキット発売!

EQ画面

マトリクスコントローラーLDM1リモートキット「SK-LDM1-Remote」で操作できるパラメーター

分類 機能 SK-LDM1-Remote LDM1
入力チャンネル Level、ON/OFF
Meter
Solo
Delay、ON/OFF
EQ、ON/OFF
CUE
出力チャンネル Level、ON/OFF
Meter
Solo
Delay、ON/OFF
EQ、ON/OFF
CUE AF/PF
マトリクス
(クロスポイント)
Delay、ON/OFF
Level、ON/OFF
ファイル関連
(Load/Save)
Project
Library(Matrix、Input、Output、
EQ、Input/Output Name)
Copy/Paste/Undo Matrix、Input、Output
EQ ○ ※Undo不可
Batch Matrix、Input Cross Point、
Output Cross Point、ALL Inputs、
ALL Outputs、MultiSelect
Name Input Name設定
Output Name設定
EQ Link Input設定
Output設定 ✕ ※確認のみ可
その他 Multi Select ○ ※CrossPointの
Delay,Levelを絶対値入力
Solo Clear
CUE Clear
Online/Offline
[L1] [L2] 状態表示
Offline編集
Physical Controllerの接続
画面ロック
Input SoloがONになっている時に、
音が送り出されている
Outputチャンネルを識別
Output SoloがONになっている時に、
音が送り出されている
Inputチャンネルを識別

・PC動作環境

OS                               
:Windows10 Pro
CPU                             
:Intel®Corei5 以上
メモリー                       
:8GB以上
ハードディスク空き容量   
:100MB以上
ディスプレイ                 
:1920x1080(Full HD)タッチパネル推奨
その他                          
:100BASE-T以上のEthernetアダプタ、またはWi-Fiが搭載されていること

・ダウンロード

お問い合わせ先

ヤマハサウンドシステム「お問い合わせ」からお願いいたします。
弊社担当より連絡をさせていただきます。

定期保守点検のご案内

「Inter BEE 2020 ONLINE」オンラインセミナーアーカイブ配信!

【施設紹介】イベント制作会社・乗り込みスタッフ向け 施設情報を随時募集中!

音診断・音改修サービス

リースのご案内

採用情報

10周年

facebook

ヤマハ プロオーディオ

Copyright © ヤマハサウンドシステム株式会社 All rights reserved.