ヤマハサウンドシステム株式会社

本セミナーは終了しました。たくさんのご来場ありがとうございました。

昨年ご好評いただきました「ホール改修セミナー」を、今年も豪華講師を迎え、オンラインにて開催いたします。

改修の課題を抱えておられるホール・劇場のお客様にお役立ていただければ幸いです。改修プロセスを知ることができる、またとない機会です。

皆さまからのお申込みをお待ちしております。

講師紹介

ホールの改修傾向や検討課題と対策

講師:草加 叔也 (くさか としや)氏

鉄筋コンクリート造の建物は、「100年時代」と言われるようになってきました。しかし、このことと劇場・音楽堂等施設の耐用年数とは、必ずしも一致しません。それは劇場・音楽堂等施設では、建築機能だけでなく設備機能や劇場機能も健全でなければならないからです。また、耐用年数の原因となる劣化も経年劣化だけでなく、機能面や性能面の劣化にも配慮する必要があります。さらに建築設備や劇場設備の改修コストへの配慮は重要な課題となってきています。そこで今回は、劇場・音楽堂の現状と課題、必要な対策を考える機会にできればと考えています。

◆ 講師プロフィール
岡山県倉敷市生まれ。劇場・ホールなど演出空間を中心に基本構想から施設計画、そして管理運営計画(指定管理者選定支援業務を含む)など劇場コンサルタントとして各地の劇場施設づくりに関わる。代表的な施設は「銀座セゾン劇場」「りゅーとぴあ新潟市民芸術文化会館」「可児市文化創造センター」「国立劇場おきなわ」「兵庫県立芸術文化センター」「KAAT 神奈川芸術劇場」「久留米シティプラザ」「釜石市民ホール TETTO」など。
また、ピーター・ブルック、レフ・ドージン、ユーリー・リビュー・モフ、ピナ・バウシュ、アリアーヌ・ムニューシュキンなどによる演出作品の日本公演で、技術監督として直接上演活動に携わる。1989年には文化庁芸術家在外研修員として渡英。 1997年 1月より 有限会社空間創造研究所設立(代表取締役)。その他、岡山芸術創造劇場スーパーバイザー、(公財)岡山文化芸術創造理事、(公財)千葉県文化振興財団理事、(公社)全国公立文化施設協会アドバイザーなどを務める。

兵庫県立芸術文化センター 開館12年目の大規模修繕 – 計画から実施まで –

講師:金子 彰宏(かねこ あきひろ)氏

KOBELCO大ホール、阪急 中ホールと神戸女学院小ホールの3つのホールを備え、数多くの舞台芸術を発信している「兵庫県立芸術文化センター」。
施設稼働率が90%を超える中、2017年舞台音響設備を含めた大規模修繕工事が行われました。この修繕工事は経年変化による設備機器の劣化だけでなく、修繕前の実運用から修繕後に開催される演目の舞台演出にどのように対応するかなどを考慮されています。舞台音響設備修繕・改修の内容、ポイント、トレンドや注意点など、劇場技術スタッフの目線で具体的に解説いただきます。

◆ 講師プロフィール
大学卒業後 オフィス新音(東京都 高橋巖主宰)に入社。演劇・ミュージカル・舞踊等の音製作、オペレート、プランニングを手がけ、18年間に及び全国および海外公演に参加。影響を受けた演出家は 蜷川幸雄、美輪明宏、鴨下真一、三谷幸喜、倉本聰、宮田慶子、勝新太郎、杉田成道、栗山昌良、宮本亜門、ピーター・ブルック、デビット・ルヴォー他。また、1986年、銀座セゾン劇場の音響設備設計に運用スタッフとして参加。2002年、兵庫県立芸術文化センターの立ち上げスタッフとして参加し、舞台音響家という立場で音響設備設計に携わり開館準備を進める。現在は同センター運営スタッフとして芸術監督である佐渡裕と共にオペラをはじめ、同館プロデュース作品の音響デザイン及び企画、舞台進行を手がける。
大阪芸術大学 舞台芸術学科 非常勤講師、日本音響家協会理事・西日本支部長、日本舞台音響家協会会員、音響機構調整一級技能士、大阪府技能検定委員

タイムスケジュール 2/22(月)

14:00〜14:10

ご挨拶

14:10〜15:00

ホールの改修傾向や検討課題と対策

講師:空間創造研究所 草加 叔也 氏

15:00~15:40

兵庫県立芸術文化センター 開館12年目の大規模修繕 – 計画から実施まで –

講師:兵庫県立芸術文化センター 金子 彰宏 氏

15:40~15:50

休憩

15:50~16:20

改修におけるリース活用術

講師:ヤマハサウンドシステム株式会社

16:20~16:40

ホール音響設備の改修事例

講師:ヤマハサウンドシステム株式会社

16:40~16:50

アンケートのご案内

14:00〜14:10

ご挨拶

14:10〜15:00

ホールの改修傾向や検討課題と対策

講師:空間創造研究所 草加 叔也 氏

15:00~15:40

兵庫県立芸術文化センター 開館12年目の大規模修繕 – 計画から実施まで –

講師:兵庫県立芸術文化センター 金子 彰宏 氏

15:40~15:50

休憩

15:50~16:20

改修におけるリース活用術

講師:ヤマハサウンドシステム株式会社

16:20~16:40

ホール音響設備の改修事例

講師:ヤマハサウンドシステム株式会社

16:40~16:50

アンケートのご案内

事前申込無料

申込む

ボタンより事前にお申し込みください。お申し込み完了後、登録いただいたメールアドレス宛に登録完了メールをお送りします。
完了メールが届かない場合はメールアドレスが誤って登録されている可能性がございますので、お手数ですが再度ご登録をお願いいたします。

オンラインセミナーはインターネットを使⽤する「Zoom」というオンライン配信ツールを使⽤し開催します。

Zoom

ご参加には、Zoomアカウントへのご登録が必要です(無料)。Zoomアカウントへご登録の上、各オンラインセミナーへお申し込みください。
ご登録いただいたメールアドレス宛にご案内メールを送付いたします。セミナーのURLや確認事項などをご案内する大切なメールですので、必ずご確認ください。
オンラインセミナーの録音・録画や再配信は禁⽌とさせていただきます。

オンラインセミナーに関するお問い合わせ

ヤマハサウンドシステム株式会社
マーケティング部

03-5652-1345

10時~17時(月~金のみ)

メールによるお問い合わせ

【施設紹介】イベント制作会社・乗り込みスタッフ向け 施設情報を随時募集中!

音診断・音改修サービス

リースのご案内

採用情報

10周年

facebook

ヤマハ プロオーディオ

Copyright © ヤマハサウンドシステム株式会社 All rights reserved.