ヤマハサウンドシステム株式会社

先輩社員の声

営業 2016年入社 音響系専門学校卒【キャリア】

この人たちのような仕事をしたい

私は、ホールの専属音響エンジニアをしていたのですが、そのホールはヤマハサウンドシステムが改修や保守を手がけていました。すべての担当者がプロオーディオの世界を理解した上で質の高い工事ができる技術を持っていて、音響システムをよくするという目標に向けて真摯に向き合ってくれる。その姿に、私もこの人たちのように仕事をしてみたいと思ったのが私の転職理由です。もう一つの理由は、自分が使っている音響システム全体がどうなっているのか知りたい、自分ならこう作りたい、という思いがちょうど強くなっていたこと。そのタイミングで当社のホームページに採用情報が出ていたので、コンタクトを取り、今に至ります。

音響のプロとしてわかりやすい提案を

入社後は、営業として主に神奈川エリアの大小さまざまなホールを担当しています。ホールの運営管理を行う自治体や設計事務所などが主な営業先です。お客様は音響に詳しい方ばかりではありません。「音が聞こえづらい」「調子が悪い」といった要望があっても、何をどうしたらいいのかわからない。音響システムのプロの目線から、具体的な改善策をわかりやすくご提案するのが営業の仕事です。 音響システムは、図面や機材のスペックを見ても、完成形の想像が難しく、お客様は、スピーカーから出る音を聞くまで工事がうまくいったか実感できないことがほとんどです。だからこそ、工事が終わった後に音を聞いた瞬間、「音がぜんぜん違う!」と喜んでくださると本当にうれしいですね。

営業 2016年入社 音響系専門学校卒【キャリア】

「チームメンバー」全員でプロジェクトを推進する

音響エンジニアから営業へと職種は変わっても、仕事に対する私のスタンスは変わっていません。どちらの仕事も、私にとっては人と人とで一つのものをつくる仕事。だからこそ私は、お客様も含めた関係者すべてとチームメンバーでありたいと思っています。
1年以上にわたる提案活動を行い、受注が決まる。その後、音響システムをお客様に納入し、使い続けていただく。長期の提案サイクルには、社内はもちろん、社外の協力会社や、さらにはお客様側の多くの方々が関わります。立場も考え方も違うメンバーが同じ目標に進むには、活発な議論が欠かせません。 目指したいのは、メンバー全員が推進力となるチームです。私自身も社歴が浅いからと遠慮せず、やりたいことに積極的に挑戦していくつもりです。

営業 2016年入社 音響系専門学校卒【キャリア】

一日の流れ

7:15
起床
9:30
お客様先に直行、打合せ
11:00
帰社、情報整理
11:45
ランチ開拓
12:45
社内打合せ
15:00
提案書・見積作成
19:00
帰宅
19:30
ランニング
20:30
夕食、TV
24:00
就寝

定期保守点検のご案内

「Inter BEE 2020 ONLINE」オンラインセミナーアーカイブ配信!

【施設紹介】イベント制作会社・乗り込みスタッフ向け 施設情報を随時募集中!

音診断・音改修サービス

リースのご案内

採用情報

10周年

facebook

ヤマハ プロオーディオ

Copyright © ヤマハサウンドシステム株式会社 All rights reserved.