ヤマハサウンドシステム株式会社

先輩社員の声

営業 2014年入社 文系大学卒

入社の理由は、「直感」でした

大学までは関西にいて、ヤマハサウンドシステムに入社するために上京しました。直感で「ここしかない」と思ったのです。でも入社してみたら、最初はやはり大変なことも多かったです(笑)。ヤマハサウンドシステムの営業は、「淡々とこなす」という考えでは務まりません。お客様それぞれに求めているものは違いますし、それはつまりこちらのアプローチの仕方も変えていかなくてはいけないということです。最初は、先輩についてまわって、失敗もしながら少しずつ仕事を覚えていきました。実は入社して2年目の頃、現場のオペレータの方を怒らせてしまったことがあります。しかしそこで諦めず、自分のやり方を改めて通っていたらある日、その人が私を「若いのにしっかりやっている」とホールの支配人に紹介してくれたのです。信頼されたのだ、ととても嬉しかったです。

成長したことがわかる仕事

営業は担当エリアが決まっています。保守メンテナンス契約をさせていただいているホールや劇場に改修の提案をしたり、設計図に対する見積書の作成、発注関係者との折衝など、業務は幅広いです。ただ仕事をとればよいわけではなくて、お客様にとって、また会社にとってより良いかたちで受注するにはどうしたら良いのか、ということを考える必要もあります。上司に相談したり、自分でもトライ&エラーを繰り返しながら進行しています。なにごとも正解はないというのがこの仕事の面白味でもあり、難しさでもあります。「自分は成長した」と、はっきり感じられる仕事だと思います。

Aさん

この会社の「働きやすさ」

私は「困ったらすぐ聞こう」という姿勢でいます。この仕事には正解がない、と言いましたが、それはつまり経験の数だけ解決法があるということ。積極的に自分が困っていることを発信すると、いろいろな人が自身の経験をふまえたアドバイスをくれるのです。これも、働きやすさのひとつではないでしょうか。
プライベートも、充実しています。オーケストラに所属しバイオリンを弾いていて、演奏会などにも出ています。ヤマハサウンドシステムには、連続休暇をとって旅行に行くスタッフも多くいます。社員の大切なことを尊重する社風があるから、メリハリをつけられて仕事も頑張れるのだと思います。

Aさん

一日の流れ

7:00
起床
9:00
出社、メールチェック
10:00
打合せ資料・見積もり作成
12:00
ランチ
13:00
現場にて打合せ
16:00
お客様先で打合せ
19:00
帰宅・夕食
23:30
就寝

定期保守点検のご案内

「Inter BEE 2020 ONLINE」オンラインセミナーアーカイブ配信!

【施設紹介】イベント制作会社・乗り込みスタッフ向け 施設情報を随時募集中!

音診断・音改修サービス

リースのご案内

採用情報

10周年

facebook

ヤマハ プロオーディオ

Copyright © ヤマハサウンドシステム株式会社 All rights reserved.