お問い合せ

製品情報

ホーム > 製品情報 > オーディオファイル再生システム TRACKSHOT

オーディオファイル再生システム TRACKSHOT

 

簡単な操作で複数のオーディオファイルを同時再生するプロ用システム

 

 

オーディオファイル再生システム TRACKSHOT
TRACKSHOTコントロール画面
 

<特長>

 

TRACKSHOTは、Windowsベースのオーディオファイル再生システムです。モノラルからマルチトラック(24ch)までの再生が可能で、複数のプレーヤー(TRACKSHOTではPlaylistと呼びます)を1つの画面の中に集約させてコントロールできます。
演劇やミュージカルなどシーンにあわせた音の再生に威力を発揮します。
製品ラインアップにはTRACKSHOT Plus(モノラル/ステレオ)、TRACKSHOT 8、16、24(マルチトラック)があり、基本構成は2Playlist(プレーヤー)、AddOn(プラグイン)により4,6,10Playlistへ増やすことが可能です。

  • オーディオファイルをPlaylistに並べて再生
  • 操作はとても簡単 (Playlistの作成はドラッグ&ドロップ)
  • mp3,AIFFやWAVなど形式の違うオーディオファイルを、1つのPlaylistに混在可能
  • 全てのPlaylistを同時に操作、再生可能
  • 専用コントローラーによる直感的な操作
  • MIDI、接点によるコントロールも可能なため、既存の環境にスムーズに適応
  • マルチトラック製品は、同じPlaylistへモノラル、ステレオとの混在が可能
  •  

    Playlist

     

    Playlistでは、並べられたオーディオファイルを順番に再生します。
    Windows ExplorerあるいはTRACKSHOT内のBrowserよりファイルをドラッグ&ドロップしてリストを作成します。
    Playlistの表示/非表示を個別に選べるため、催し物にあわせて必要な情報のみ画面で確認することができ、文字の大きさも個別に設定することが可能です。
    本番中(暗転時)のための設定や、視認性を良くするために色を変えることも可能です。

    Playlist
       

    Browser / CD Panel

     

    Browserは画面の中央に位置し、Windows Explorerのようにデータドライブの中を表示します。複数のファイルをまとめて選ぶことも可能です。また、Playlistを作成しながら、Audio CDから直接データ(44.1kHz/16bit  WAVE)を取り込む機能もあり、仕込みの作業を短縮することができます。

    Browser / CD Panel
       

    Wall

     

    Wall1~12には、それぞれ24個のボタンがあり、そのボタン一つ一つにオーディオファイルを割り当てられます。毎回同じ案内や効果音を再生するのに便利な機能です。
    表示するボタンの数を選べるため、催し物にあわせた画面を準備できます。

    Wall

    Wall
       

    Edit

     

    再生するオーディオファイルを簡易編集することが可能です。
    Editorでは、レベル調整やフェードイン・アウト(3つのカーブより選択)、カットイン・アウト、そして無音部分(白み)のカットを元のデータを変更することなくワンクリックで行うことができます。また任意の位置にマーカー(コメント編集可能)を簡単にセットできるため、芝居のリハーサル時等、演出家の要求にもすばやく対応できます。

    Edit

    Edit
       

    Trigger

     

    Triggerでは、1つのファイル再生をきっかけに、ほかのPlaylistやWallの再生をスタート・ストップ、あるいはレベル変更ができ、いくつものPlaylistを関連付けた音のシーンを作成できます。
    この機能を使い、1つのPlaylistをキューリストとすることで、ボタン1つでシステム全体をコントロールすることも可能です。

    Trigger
       

    InfoScreen (AddOn)

     

    InfoScreenは、コンとロール画面とは別のモニターに、2つのPlaylistを大きく表示します。舞台袖や楽屋にそのモニターを設置し、出演者やスタッフのために、キッカケとなるメッセージ(マーカーのコメント)を表示することができます。

    InfoScreen (AddOn)
       

    TRACKSHOT Commander
    TRACKSHOT CommanderはTRACKSHOT専用コントローラー(USB接続)です。リハーサルや公演で必要な機能が分かりやすくレイアウトされているため、直感的に、素早く操作できます。サイズ、ボタンのレイアウトなどお客様の要望に合わせて変更することも可能です。新しいTRACKSHOT Commanderは市販のUSB分配器を使うことで、MainとBackup 2台のTRACKSHOTをコントロール可能です。

       
    TRACKSHOT Commander Small 712 Playlist4
    Small 712 Playlist4
    245x204x42 0.7kg
    TRACKSHOT Commander Small 712 Playlist10
    Small 712 Playlist10
       
    TRACKSHOT Commander Playlist4 Type1
    Playlist4 Type1
    320x190x42 1.1kg
    TRACKSHOT Commander Playlist4 Type2
    Playlist4 Type2
       
    TRACKSHOT Commander Playlist6
    Playlist6

    Playlist8
       
    TRACKSHOT Commander Playlist10
    Playlist10
     
     
     
    トップへ ▲
     

    <接続例>

     
    接続例
     
     
     
    トップへ ▲
     

    <仕様>

     

    製品ラインナップ

      TRACKSHOT Plus : モノラル/ステレオ AddOnにより4~10Playlist, SRC,
                     Recording、InfoScreen,などの機能を追加可能
      TRACKSHOT 8,16,24 : 8, 16, 24トラック
                      AddOnについてはTRACKSHOT Plusと同じ
      サポートされるファイル形式 : AIFF, WAV, mpg, mp1-3,snd,mus

     

    TRACKSHOT専用PC

      O  S : Windows XP、Windows 7
      寸 法 : W485 x H176 x D528mm EIA 4U突起部を除く
      重 量 : 21kg
      電 源 : AC100V 50/60Hz
      消費電力 : 460W

     

    その他のハードウェアー

      キーボード、モニター、マウス
      オーディオインターフェース(Analog、AES/EBU、ADAT、MADIなど)

     
     

    ※上記条件を満たすシステムで動作を確認しておりますが、全てのマシンで安定動作を保証するものではありません。また、仕様、および外観は、改良のため予告なく変更することがあります。あらかじめご了承くださいますようお願いいたします。

       
     
    トップへ ▲
     
    Copyright© Yamaha Sound Systems Inc. All rights reserved.